So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ
前の10件 | -

今年のジャイアンツは優勝できるか? [スポーツ]

 いよいよ、開幕が近づいてきました。前売り争奪がすでに五月分まで進んでいるのに、シーズンはまだ始まってないのが、毎年の事ながらすごい違和感。
 それはさておき、大型補強した巨人は果たして優勝できるのかを個人的に予想してみました。

 先に結論を言うと、坂本が三割以上を打てば優勝、それ以下なら危ない、低迷でダメと言う実にシンプルな状態。ただ、これは今のオープン戦での打順で行く場合のみです。大体、シーズン途中で組み替えするのが毎年恒例になっているので、一概にそうだと言い切れません。
 今年は外国人のボウカーを二番に入れました。去年の首位打者の長野を三番にしています。つまり、坂本を含めた三人が出塁し、あとは村田、阿部、由伸、小笠原で押し切る作戦。正直、八番の寺内はどうでもいい守備要員。セカンドの苦しい台所事情は今年も変わっていませんが、打てなくても藤村を使えば済むので、あまり問題はないでしょう。

 反面、外野は打撃中心。今でも打率一割に満たない太田が一軍にいるのだから、今年は彼を育てるつもりでしょう。今のベテラン組に変わる長距離打者は将来、どうしても必要。だから、辛抱強く一軍に置いているのでしょう。と言うことは、当然、外野の守備は二の次。これもラミレス以来の伝統行事になりつつあります。確かに一試合で外野に飛ぶ打球は安打以外、十回もありません。投手がよければ、なおさら。だから、外野手は打撃に専念しやすい。
 ただし、勝敗を決する打球が飛ぶのも、ほぼ外野と言うことを忘れてはいけません。これがチーム防御率に一番影響することを失念しているのは、これまた今年も健在です。

 そして、もう一つ。またバントする気はないらしい。そんなことするくらいなら、ヒットを打てと言う意図がありありと見て取れる。まだオープン戦だから断言しないけど、毎試合とにかく残塁の山。対戦しているチームは本当に守ってて楽でしょうね。強打者揃いで重圧は大きいけれど、肝心なところで点を取られなければいいのですから、気持ちを切り替えやすい。解説の桑田さんは気持ちの切り替えが一番大事だといい、水野さんは相手に何をされるか判らないのが一番つらいと何度も言っていますが、二人の忠言が採用されることは今年もないでしょう。
 
 結論として、一番得点の確率が高いのが、坂本の出塁。彼が出れば勝利、出なければ敗色濃厚。実にシンプルです。今年はホームランが何本出るか判りませんが、先日の対横浜のように貧打になったときは、これが機能しないとどうにもなりませんから、ファンとしてはもどかしい思いを何度もするでしょう。
 他のチームにしてみれば、混戦になって面白いでしょうけど、巨人ファンとしては歯がゆいばかりです。 



本質を見失わないで [スポーツ]

 今日はちょっとプロ野球の話。キャンプ中継を見た中での感想。
 今年のジャイアンツは大型補強を成功させ、本来ならば、まず優勝間違いなしの手厚い選手層。正直、負ける要素が見あたらない。そんな中、今年の新外国人は大丈夫との、景気のいい見出しがあちこちでにぎわっています。
 確かに今年のボウカー選手は打撃成績がいい。マシソン投手もそれほど悪くない。ホールトン投手は実績十分。今年こそはと言う期待が高まるのも判ります。
 しかし、実践でどれだけ通用するかを判断する基準は今ではありません。公式試合でどれだけ結果を残すかです。各チームだって同じように努力してるわけですから、真価が問われるのはこれからです。
 特にボウカー選手に期待が集まるのは判ります。毎年、外国人野手は本当にハズレばかりでしたからね。今までの打撃を見る限りは、私の意見に反発するのもやむを得ないでしょう。
 だけど、打撃成績だけでいいのなら、別にラミちゃんでもよかったはず。それでもボウカー選手の方がいいという肝心な要素は「守れるか、走れるか、投げられるか」です。
 いくら打撃がよくても、守備に不安があったら意味がありません。足が遅かったり、スローイングも大したことがなかったら、ワンヒットで楽々セカンドから生還されてしまいます。守備範囲も狭かったら、投手の負担は結局、ラミレスの時と同じ。しかも、このままセンターに太田選手が定着したら、外野守備の危険値は更に高くなります。去年末に外野に転向したばかりの太田選手は内野がダメだったから外野になったと言う、亀井選手と逆パターン。お世辞にも上手いとは言えません。下手とは言いませんが、普通でしょう。

 去年もさんざん書きましたが、打撃優先の起用では勝てないんです。そんなに甘くないのは、誰よりも判っているはずなのに、今年もまた同じ事を繰り返す気がしてならない。
 お願いですから、打撃の好不調だけでオーダーを組まないでください。
 



今シーズンも終了 [スポーツ]

 プロ野球もいよいよ大詰め。西武が負けたので、私の今シーズンは終わりました。まぁ、今年のソフトバンクに勝てるとは思ってなかったですけどね。正直、今年のソフトバンクはおととしの巨人を彷彿させるほどの強さで、圧倒的でした。内川はやっぱりすごい選手です。

 さて、肝心の巨人はコーチ陣を強化して秋季キャンプを迎えます。不本意だったドラフトも終わって、来年に向かって走り出すわけですが、とりあえず発表された参加メンバーが納得のラインナップでほっとしました。つまり、ここに参加するメンバーは戦力外ではないって事ですからね。
 ラミレスの去就問題、外国人の獲得など、フロントも色々と忙しく、ファンも驚きの人事がもたらされるかもしれませんが、とにかく現有戦力の底上げが何よりの課題というのは今年は特に思い知ったはずですから、来年の戦いぶりに期待します。
 



とりあえずCS出場 [スポーツ]

 今年の巨人に対してさんざんわめいたシーズンも終了し、何とかCS出場で落ち着いてくれました。
 小笠原やラミレスが最後に間に合ってくれたので、本当によかったです。
 パリーグでは西武が最下位からの快進撃で、出場を決めてくれました。色々というのもここまで来ると今更なので、もう何も言いません。共に相手が相手なので日本一は大変な道のりですが、あきらめずに頑張って欲しいと思います。
 



サヨナラホームラン [スポーツ]

 今年最後の東京ドーム観戦に行ってきましたが、最後は高橋選手のサヨナラホームランで決着。内海投手の熱投も重なって、思わずスタンディングオベーション。見応えのある試合で一緒に行ってくれた会社の先輩とがっちり握手してしまいました。
 何度か足を運んでいますが、サヨナラゲームはこれで三度目。なかなかお目にかかれないですが、昨日はとてもラッキーでした。今年の観戦成績は三勝三敗と五分で終わり、まぁ、CSはよほどの奇跡がないとあり得ませんので、これで最後かと。
 未だ言いたいことはいろいろありますけど、統一球で昨年よりも展開が難しくなり、そのツケが最後まで響いて三位止まりでしたが、とにかく今は日本一を目指して頑張って欲しいです。
 余談ですが、パリーグは西武に何とか追いついてもらいたいです。単独最下位の時は本当にどうなるかと思いましたが、ここまできたのだから、何とかCSに出てもらいたいですね。



打点0の外国人選手って、ホントに必要なの? [スポーツ]

 こんばんは。あまりの怒りに、ついつい、こんな面白くないネタで書いてます。
 混戦としてきたセ・リーグも、いよいよ九月。一試合一試合が大事になってくるはずなのに、二死満塁、スリーボールナッシングから凡退する外国人って、何なんでしょう?
 ここまでホームラン0、打点0、打率1割9分の選手を使う理由を、誰か教えてください。
 今年、同じような事を何回書いたことだろう。前日、12回無失点だった打線がそんな簡単に爆発するわけがないんです。
 脇谷、小笠原が離脱し、内野手枠が今年も苦戦。外野手は余りまくり。
 亀井のサードコンバート、藤村の定着で穴埋めしたのに、坂本を外したら、何の意味もない。
 寺内、古城も、打率は低迷。だったら、由伸や谷のファーストじゃダメなんでしょうか?
 早くこの悪循環を打開してください。ヤクルトは離脱してきた人達が戻ってきて調子を取り戻してきた。
 もはや、外国人で遊んでいる場合じゃないのだ。



やはり首位は遠い [スポーツ]

 九月に入り、いよいよ混戦のセリーグ。
 そして、今日から直接対決。台風の近づく中、試合が行われましたが、結果は負け。五回以降は一人もランナーが出せずに尻窄みの展開であっけなくゲームセット。相変わらず、村中投手には弱い。
 四安打で勝てと言う方が無理ですが、ヤクルトだって六安打しか打ってないのですから、澤村がそれほど悪かった訳じゃありません。
 大型補強はどうした? 打てる打線を優先したんじゃないのか? と突っ込みを入れたいでしょうが、まぁ、今日はそれ以前の問題でした。
 これで3ゲーム差に広がりました。直接対決はあと3試合しかありません。
 自力優勝(そんなのあんま関係ないでしょうけど)するには、残り全勝しかありません。
 明日はもう少し面白い展開になってくれる事を望みます。



七連勝の落とし穴 [スポーツ]

 こんばんは。しばらく放置してごめんなさい。
 見てる人、ほとんどいないのは判ってますが、自分なりのけじめですので。
 
 さて、パリーグの灯が消えつつある中、セリーグはヤクルトが夏場の失速に直面し、少しばかり面白くなってきました。もう少し混戦になると、見応えがあるかもしれませんので、各球団には頑張って欲しいです。
 肝心の巨人はようやくらしさが出て、七連勝。借金完済まで迫ってきました。
 一時、最大で11.5ゲームもあった差も徐々に縮まり、やっとというところまで来ました。
 にもかかわらず、やはり五割で連敗し、再び借金生活。
 予想はしてましたけど連勝が続くと、人間てのは気が大きくなって、負けた時の気持ちを忘れるんでしょうね。自分もパチンコをするので、その気持ちは理解できます。勝ってる時って、どれだけやめづらいことか。
 そうやって、ズルズルと負けていく現実。

 何が言いたいかと言うと、また送りバントをしない。
 明日には長野が戻ってくるので、ますますしない打線になるでしょう。本当に今日の解説の水野さんも言ってましたが、今年はホームランは滅多に出ないんです。今日は相手投手の術中にはまった部分もありましたが、さりとて昨日の横浜戦が一番ガッカリしました。
 先発のトーレスもですが、センター大村って、何でしょう?
 別に下手だとは言いませんが、今まで何度も言ってきたとおり、センターは外野の要なんだから!
 打ち出したと言っても、今までを振り返れば、そんなに甘いものじゃないと、どうして思えないのか?
 こうやって今年も、結局、僅差で優勝に届かない。
 どうか、取り越し苦労であって欲しい。
 



巨人打線は点でなく線にしないのか? [スポーツ]

 首位ヤクルトの初戦を完封負け。二戦目もかろうじて同点。今年は何回、同じ事を繰り返したことだろう。
 対戦成績を見れば一目瞭然なのに、ヤクルトとの違いは決して紙一重なんかではなく、必然でしょう。
 まさか、横浜に大勝した打線を組み替えて来るとは思わなかった。もはや、日替わり打線を用いているのは巨人くらい。どうせ打てないのなら、少しは西武や横浜を見習って欲しいものだ。

 今年の特徴は残塁、併殺打、フライアウトの多さに尽きる。
 シーズン半分を消化して、ホームランの数が去年の三分の一なのだから、もう出ないことを前提にしてオーダーを組む必要がある。なのに、まだ頑固なまでにメンツを変えない。
 チーム防御率は一位なのに、チーム打率は最下位。
 原監督はそれでも最善のメンバーだと断言する。
 長年巨人ファンをやっていた友人も、さすがに小笠原は一度、ファームで調整させるべきだと言っていた。

 それと送りバントが相変わらず少ない。盗塁もこの所、減少した。
 すべてはフィールズと言う外国人が入ってきてからだ。さすがに打撃で入団してきただけあって、それなりに打つ。ただし、それでも2割3分程度。送りバントや盗塁は当然ない。
 何かいいところがあるならば、いい加減、試合で見せてもらいたい。
 長野が四番を打つ今の巨人は、かつての古田捕手ならば、「こんなに楽な相手はいない」と述べたことだろう。

 まぁ、外野で小難しいことを述べるよりも、

 1、ショート・坂本 2、センター・松本 3、ファースト、由伸 4、レフト・ラミレス 5、サード・亀井 6、ライト・長野 7、セカンド・藤村 8、キャッチャー・阿部 9、ピッチャー

 と、言う打線を固定してもらいたい。
 ラミレス以外はどこでも送りバントのサインが出せる、ラミレス、阿部以外はどこでも走れる、由伸、ラミレス、阿部の時には、常にセカンドにランナーがいる打線が理想。
 仮に得点できなくても、相手に与えるプレッシャーは無駄にならない。
 長いシーズンは打つだけでなく、細かい戦略や戦術を駆使しなければ、厳しい戦いに勝つことは決して出来ないのだから。
 原監督も物わかりが悪い方とは思わないので、参謀役がしっかりすれば納得してくれると思うんですけど、そんな忠言してくれる人、いないんですかねぇ? 



終戦宣言 [スポーツ]

 なでしこジャパンの世界一に湧く中、最後の期待がうち砕かれた今日の巨人ー中日戦。
 オールスター戦前のカードは三連勝が必須条件だったが、まさかの1ー7で敗戦。
 その1点も由伸のホームランだけと言う、何とも情けない内容。三回以降は一人しかランナーが出ないのでは勝てるわけがない。
 この時点で、首位に10.5ゲーム差。優勝するには、残り72試合で48~50勝しないといけない。
 つまり、2勝1敗で全てのカードを乗り切らないと届かない計算。
 かつてそんなシーズンは2009年時のみであり、今の段階でそれをやり遂げる可能性はゼロ。
 もはや今年の優勝は事実上、今日で消滅したと言っていい。
 クライマックスのシステムがあるので、3位に入れば日本一の可能性は残るが、かといって、目標がそこじゃ志が低すぎる。

 最大の敗因はメジャー使用に近づけた今年からの統一球に対応した野球に、いつまで経っても切り替えられないこと。
 一発と連打の期待値は激低にも関わらず、それを当てにすることだ。
 低設定なのに、そろそろ当たるだろうと期待して負けが込むパチンコと同じだ。
 それと攻撃に重点を置くあまり、雰囲気作りを怠ったこと。
 野球は攻撃だけじゃない。走攻守と言われるように、すべての歯車が噛み合って、初めて勝利できる。
 そんなプレースタイルでチームを盛り上げる真のムードメーカーが、果たしていただろうか?

 攻撃で雰囲気が作れなきゃ、別のことでそれを作るしかない。
 ところが、いつまで経っても、打てない外人とかピークの過ぎた四番補強とか訳の分からないことをやって、ちっとも改善しない。今年、彼らがファインプレーをいくつしただろう?
 誰か首脳陣の中に、そんな助言をしてやる参謀はいないのだろうか?

 とにもかくにも、今シーズンの優勝はほぼなくなった。
 ヤクルト、中日が十連敗でもしない限り、追いつかない。
 ファンとしては、一日も早く戦術を切り替えて、せめてファンを魅了する試合を一つでも多く見せて欲しい。



前の10件 | - スポーツ ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。