So-net無料ブログ作成

卒業者が多いのも本当に予定調和? [AKB]

 先日の仁藤萌乃に続いて、福本愛菜が卒業発表。その前にもNMbが三名卒業し、まだ二ヶ月の間にかなりの人数がグループからいなくなることが発表されました。もともとグループ自体が次のステップへの踏み台という肩書きがありますが、国民的アイドルとしてここまでやってきた実績を足下から覆すようなメンバーの相次ぐ事件と辞退の連続は、さすがに危機感を持って欲しいですね。私としては有力メンバーが次々と辞めていった2008年を思い出してしまいます。

 この停滞感の最大の原因は、やはり「新公演」が始まらないことに尽きます。
 シングルを歌える選抜メンバーは問題ありません。正規を目指す研究生もとりあえず新しい舞台に全力で打ち込めます。しかし、露出されない正規メンバーは劇場の舞台しか輝くチャンスはありません。なのに、何年も同じ舞台、同じ演目ではモチベーションが保てるはずありません。百歩譲ってメンバーは成長、スキルアップのために努力するにしても、ファンの方が先に希薄化してしまいます。もともとAKBは舞台でメンバーがそれぞれ成長する過程を共に楽しんで行くものであり、握手会がメインではありません。先日も書きましたが、乃木坂が苦戦しているのも、そこが欠如しているからに他なりません。アイドルなんですから、ファンは彼女達の「ステージで輝く姿」を見たい訳なんですよ。一周年記念ライブで27曲披露してくれましたが、それだけの手持ちがありながら披露するステージがないという実体はあまりに致命的です。失礼ながら、そんな使い捨てになる曲を書くくらいなら、いっそのこと、全てから手を引いて新公演の発表だけに打ち込んで欲しいとまで思ってしまいました。

 本来、選抜総選挙もじゃんけんも、あくまでシングル選抜のためのおまけイベントであり、AKBは劇場公演こそが原点だったはずです。そのための組閣や2013年のお題目が「原点回帰」だったはずなのに、それはどこへ行ってしまったんでしょう? プロ野球やサッカーが何年経っても飽きないのは、ちゃんとメンバーを育て、サイン会やイベントだけでなく、ちゃんとファンを喜ばせる試合をしているからに他なりません。
 色々と大変なのは判りますが、実にならない会議やイベントで色々と小細工するよりも、そんな時間すら新公演の制作に費やして欲しいと切に願います。 
 



ミリオンセールを維持するための次の一手は? [AKB]

 毎日のように話題が何かしらある中、今月二十日がシングル発売日。最近は事件や卒業発表が立て続けで明るい話題がないように思えるものの、全国握手会の参加者は相変わらずで、早くも今年の総選挙順位が囁かれているくらい、人気に陰りは見えません。一体、このミリオン記録はいつ途絶えるのか? と言うことに今日は意見を述べます。

 握手会売り上げが落ちるはずだった選抜メンバーの卒業や移籍ですが、確かに影響がないわけではありません。ピークだった去年の夏から徐々に落ち始め、ここに来て売り上げに貢献してきたメンバーの離脱に歯止めがかからない。早く次をと思う中、組閣したばかりのチーム体勢の中でどうやりくりしていくのかが、とても気になります。あっちゃんを始めとして、今後は板野、宮澤、河西、高城、増田、仲川、仁藤の分をどうカバーしていくか。システム上、研究生の昇格をまだ待たなくてはいけない状況でどんな手を打って、次のシングルに望むのか。
 まぁ、通例で行くと次は選挙投票券付きのシングルなので、ここはまだ大丈夫でしょうが、夏の状況を考えると大きな手を打たなければ、尻窄みになりかねません。最終手段は写メ会でしょうけど。

 先日も書きましたが、やはり新公演は必須項目でしょう。ここにきて、ものすごく停滞感が漂うのはメインステージでの前進が遅すぎるからに他なりません。HKTが次の公演に踏み切ったことを考えれば、他のチームも出来うる限りやるべきでしょう。いつ出来るのか判らないものを待ってるだけでなく、メンバーがファンの気持ちをくんで、秋元康を超えていく勇気があれば、今年一年のミリオンは大丈夫なんではないでしょうか。



秋元康を超えて行け [AKB]

 何か密着番組をやったというので見てみましたが、なかなかの内容に賛否両論ですね。私も「これはすごい」と「これはひどい」の両極端に意見が分かれるところでしたが、これが現場の実体であり、私も職場ではよくあることだと納得しています。もちろん、徹夜で仕事を強制される事はないので、一概に比較は出来ませんけど。
 このブログの本題はこの先どんなことがあるかを妄想する事なので、それを踏まえての感想と意見を述べます。
 
 まず秋元氏の仕事ぶりから見て、やはり新公演を作るなんてよっぽどのことがない限り、あり得ない。シングルですらあの状況下ですから、この人も多くの作家に漏れず、締め切りがないと仕事が出来ない人なんでしょう。時間があれば、そこに次から次へと仕事を増やして、結局、現状変わらないギリギリの生活にしちゃうでしょうから、そこはあきらめるしかありません。ただ、私も直接携わってるわけではありませんから大きな事は言えませんが、放送された範囲内では秋元氏がそれほど独裁化してるとは思えませんでした。このシステムに慣らされてしまった問題は多々ありますが、ほとんどの大人達が秋元氏なしでは何も出来ない、彼の予想を超えるアイデアを提出できていない現状には、今の迷走ぶりを納得できたような気がします。多分、秋元氏自身も自分が天才で、超一流とは思ってないでしょう。視野も広いから、自分より優れてるアーティストなんて嫌と言うほど見てきてるはずです。常にギリギリのスケジュールだから現状をこなすだけで精一杯なんでしょうが、現在のスタッフ達はそんな秋元氏の顔色だけをうかがって仕事してるような気がしてなりませんでした。とはいえ、完成されてしまったAKBにもはや飽きてしまった感から今後の活動を持て余してる部分も見え隠れしましたけど。

 外野から勝手なことを言うのは簡単なので、自分なりの改善案を述べると、突破口は「ファン目線」だと思います。さすがの秋元氏もファンの意見だけは無視できないし、勝手に推し進めるわけには行かないでしょう。業界のセオリーや功績の細かいところは判りませんが、番組を見た限り、ファン目線になって企画を立てている人がほとんど見受けられなかった。最近の紅白やリクアワを始め、個別、全国握手会にも参加しましたが、ファン目線で本当に企画を立ててるのかが、はなはだ疑問。AKBの握手会は会場を変えたり、色々な企画があって楽しいのですが、姉妹グループ、特にSKEの幕張は一年前と何の改善も進歩も見られなかった。さいたま、幕張と連日の参加だったので、その差が余計に感じられてつらかったです。

 ファンの中にも本当にやっかいな連中は大勢いますし、制作側から言いたいことも多々あるのは判っています。でも、その中には本当にあっと驚くような案もあれば、ファンとしてもっともだという意見だってたくさんあります。以前から、毎回の課題として長い間上げられていることもあるはずですし、そろそろ目に見える形で改善する手を打ってくれても良いんじゃないでしょうか。
 今、乃木坂が握手会の売り上げに苦しんでいます。CDセールスは20万枚超えのはずなのに、握手会の売り上げが全く伸びないのは、どこかに致命的な欠陥があるからに他なりません。そんなの素人の私に指摘されるまでもないのですから、早くそれを改善する手に気づいて欲しいものです。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。