So-net無料ブログ作成

乃木坂って、どこに向かうんだろう? [芸能]

 今日は久しぶりに乃木坂の話。次のシングル選抜が発表され、まぁ、予想通りの大荒れで、ファンの方々の心中をお察しします。
 中立の私としては誰がフロントだろうとどうでもいいのですが、これだけ荒れるのも、当初のファン選抜をするという公約が全く機能してないのが原因。だからこそ、運営はやはりファンの声なんぞ聞いていられる余裕なんて全くないのが見て取れます。
 今回のメンバーやポジションを見れば、最初の「ぐるぐるカーテン」と全く同じ。多少の違いこそありますが、フロントが同じなら体勢に影響は全くないので、どっちかというと、運営は始めからこうしたかったのでしょう。これでダメならあきらめもつくという、おそらく運営のお偉いさん辺りの推し順がこうなんでしょうね。少なくともある程度の売り上げを出してるので、ファンの方たちは反論するでしょうが、そろそろある程度の見切りをつけて方針転換しないと危ない気がします。内閣の支持率みたいなもので、正直、中立側から見れば、とても成功してるようには見えませんから。
 この一年、4曲のシングル、一つの公演、小さないくつかのプロモーションはしてきました。しかし、非選抜二軍の方たちは全く日の目を見ない、しかも選抜は最初に戻ると言う、今までは何だったんだろう状態が続いています。言うなれば、何も進んでいません。公式ライバルと言う看板なぞ、どこへやら。唯一の冠番組がなかったら、どこで何をしてるのかすら判りません。他のアイドルグループに比べれば、秋元氏が絡んでいるだけでも有利なのに、メンバーだって良いのが揃っているのに、どうしてこうなってしまったのでしょう?
 
 文句を言うだけなら誰でも出来るので、私の個人的な意見を。
 まず目標がAKBと言うのがダメ。いきなりそんな高いハードルを設定しても、実現できるはずがない。メンバーだけじゃなく、運営側もモチベーションを保てない。もっと確実なハードルを一つ一つ積み上げていくような形でやらなければ続かない。それと、やはりファンの意見はある程度、踏襲すべき。お客の声を聞かない商売なんて、どんな企業でも成り立たない。運営の意見は違っても、そこはやってみる勇気を持って欲しい。失敗したら、その時に戻せばいいし、そこまで大きくコケるとも思えないけど、ファンも納得するから信頼も上がる。あれだけのメンバーなら、一回ぐらいの失敗はすぐに取り返せると思うんですよね。大体、秋元氏の曲なんだから、それくらい思い切れないのが不思議。
 最後に月一度の定期公演をどこかのホールでやること。演目はシングルメドレーオンリーでもかまわない。ももクロだって、ドサ周りからここまで這い上がってきたのだから、とにかく見せてなんぼのアイドルが握手会だけで何とかしようと思うのが甘すぎる。どこのゆとり世代が企画してんだよってのが本音。それが赤字で出来ないなら、このプロジェクトはご破算にして、別の企画を立てた方がいいでしょう。ボランティアじゃないんだから、赤字出してまで続けるのはおかしい。

 まぁ、色々好き勝手に言いましたけど、運営がそんな思惑全く関係無しで、今のままでちょこちょこ頑張ってくれればいいやって思ってるなら、何の問題もないんですが。でも、やっぱりそろそろ危機感を持った方がいいんじゃないかと思うけど、ファンの方はどうでしょう?
 
 



選抜総入れ替えでミリオンはとれるの? [AKB]

 11月からの新チーム体勢が発表、HKTの新番組が関東で開始、乃木坂も次の選抜メンバーが決まりました。来年のリクアワまで何もイベントがないはずなのに、相変わらず息を付く暇もなく進んで行ってます。この所、少しばかり食傷気味?なのか、あっちゃんの抜けた穴が大きすぎるのか、だいぶ熱狂的な時期が過ぎたように感じますけど、私としては先日述べたとおり、頂点を極めて成長の部分が薄れつつあるせいだと考えてますので、今日は頭を整理すべく、意見の多かった選抜メンバーを仮想する話をします。前にもやったのですが、今回は卒業、未来、新人などを考慮して少しばかり趣向を変えてみます。

 まず、今回のUZA選抜を支店枠だけを残して、全員変えてみます。

  宮澤佐江・センター
  北原里英
  梅田彩佳
  高城亜樹
  秋元才加
  佐藤亜美菜
  倉持明日香
  増田有華
  永尾まりや(9期選挙順位)
  大場美奈(9期握手人気)
  木崎ゆりあ(S)
  高柳明音(K2)
  木本花音(E)
  山田菜々
  福本愛菜  
  兒玉遙

 少し支店枠を変えましたが、理由は判っていただけると思います。これはオリメン+神7、次世代+各支店ツートップをすべて外したメンバー。本当に色々と地下板では意見が飛び交っていますが、これでミリオンが取れるかはともかく、これが今の選抜を全て除いた場合。
 ここから更に若手と言われてる18歳以下のメンバーの場合、

 岩佐美咲
 藤江れいな
 前田亜美
 入山杏奈
 加藤玲奈
 川栄李奈
 高橋朱里
 田野優花
 武藤十夢
 岩田華怜
 松井珠理奈
 木崎ゆりあ
 小笠原茉由
 吉田朱里
 宮脇咲良
 兒玉遙

 …いやいや、なんかこれがAKB選抜と言われても、って感じになってしまいました。こうしてみると、改めて今の選抜メンバーがグループを支えていると言うことが判ります。だから世代交代はともかく、卒業とか固定化とか言っても、これだけメンバーを入れ替えれば、もうそれはAKBじゃなくなってしまう人も多いはず。だからそうならないためにも、ファンは現在の選抜メンバーを認めて応援すればいいと思うわけです。個人的にはアンダーガールズもシングルデビューさせてしまえば、超選抜との争いも少なくなって、更にグループの幅が広がると思うんですけどね。
 先日、アンリレがお披露目になり、いよいよ世代交代の動きが始まりました。私なりの意見ですが、握手会指標を見ると、この辺りが18部制完売常連に上がらなければ後が続かないからの人選と思います。何とか10期の市川辺りまでは結果を出したものの、それ以降の若手が伸び悩んで、一部の研究生以外の伸びがなかなか上がって来ない。カレンダー選抜もその方向で動いてますが、私としてはたかみな、優子、まゆゆ、珠理奈、みるきー、指原までは仕方ないとしても、あとはせいぜいゆきりんぐらいで、残りは全て入れ替えるべき。売り上げを気にする運営の弱気が見えて、中途半端感があるのが気に喰わないし、案の定、ともちん、ゆいはん、佐江ちゃん、玲奈ファン辺りから猛反発を食らってます。これじゃ、選ばれたメンバーが悪い訳じゃないのにアンチの攻撃をまともに食らって可哀想です。
 やるならやるで、「他にもこんな可愛い娘達がAKBにはいるんですよ」くらいの思い切りが欲しいです。こんなんじゃ、何のためにビジュアル優先でわざわざアンリレメンバーを選んだのか判らないじゃないですからね。



AKBの行き着く先は? [AKB]

 お久しぶりです。更新しない間にもいろいろあったのですが、私のことはどうでも良いとして。
 プロ野球もシーズンが終わり、チーム人員の刷新が進んでいます。毎年のことだけど、入るときが華やかな分、辞めさせるときは本当に寂しい。10月で秋に入れば、今年もあと二ヶ月。あっという間だったり、そうでもなかったりかもしれませんが、AKBGでも今年はとにかく卒業者が大量に出た波乱の一年でした。アイドルの寿命って、そんな短いものなのかと改めて思いますが、それだけ人数が多いと代謝も激しくなるのでしょう。

 今回のシングルも賛否両論ですが、ミリオンは達成するでしょう。今後はアーティストを目指すとの言葉通り、今までとはちがったダンスナンバーでメンバー達もだいぶ苦労したことが語られていました。もちろん、エグザイルとかK-POPみたいに本格ダンスアーティストを目指すのは良いんですが、新しく入ってくるアイドル志望の研究生にはたまったものじゃないですよね。特に地方グループなど指針となる本店が路線変更してしまったら、ただでさえ格差にあえいでいる現状なのに、ますます追いかけるのが厳しくなってしまいます。

 今や絶頂にあるAKBはライバルと呼べる相手がいません。ももクロや少女時代と言う人もいますが、ももクロはあの五人だから成り立ち、少女時代は毛色が違いすぎます。今のメンバーが年齢を重ねれば、解散は免れないでしょう。そうなると、頂点に立ってしまったAKBは今後、何を持って成長というのでしょうか?
 アーティストを目標に今のシングルのレベルを引き上げようとするのは悪いことではありませんが、世代交代を命題にしているAKBの育成プランはちゃんとなってるのか、そのもっとも重要な新公演が延期され続けるのを見ると心配でなりません。ふるいを激しくしてたくさんこぼれ落ちれば、残ったメンバーのレベルアップは望める反面、育成にはそれだけ時間がかかってしまうからです。
 東京ドーム公演の組閣発表から、わずか一ヶ月。それでもファンはその実現を遅く感じて苛立ちを募らせています。今、発表がなければ、HKTのシングルデビューも今年はないでしょう。移籍組の動きも特になく、新チームの活動もほとんど発表がありません。それを考えると、横山はよくNMBの新曲に間に合わせたと思います。  
 近々、また何か驚くような発表があるかもしれませんが、なるべく良い方向でのニュースであって欲しいと願うばかりです。



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。