So-net無料ブログ作成

梅田彩佳は誰を育てる? [AKB]

 じゃんけん大会が終わり、29thの予約が始まりました。毎度の事ながら、こういうところだけは早いですよね。
 あっちゃん卒業後の第2章が始まったとAKB新聞にも明確に書かれており、更なる一歩を踏み出したと言うことで未来の有力メンバー達に目を向けると、ふと一つ気になることが。
 新チームBキャプテンの梅ちゃんは、果たして誰に未来を託すのだろう?
 エースはゆきりん、こじはる、みぃちゃんがあり、次期エースにぱるるが控えます。今回の正規昇格メンバーの加入がなかった(=武藤、光宗、涼花のこと)ため、育成の負担は比較的軽い方。でも、見渡してみれば、梅ちゃんタイプのメンバーが見当たらない。強いて上げれば、兼任になった石田安奈。とすると、次期キャプテン候補は彼女? いや、そんなことはおそらくないと言いたいですが、目標が明確でないとチームバランスはもろく崩れやすい。もしかしたら、もっと別な深い意図があるのかもしれませんが、ファンとしては今度のカップリングに収録されていると言う次のチーム曲に期待することにしましょう。



じゃんけん大会を観戦して [感想]

 選抜を決めるじゃんけん大会を見に、日本武道館まで行きました。またもや台風が近づく不安な天候の中だったのですが、中はそんなものなど関係なく盛り上がりました。ただ、立ち見席だったので、またもやお約束の最後方。しかも隣には最大迷惑なピンチケ野郎が陣取り、まぁ、環境は過去最悪。しかも熱気が全部最後方に来るので空調が全く効かず、四時間以上サウナにいるようなものでした。
 結果はともかく、感想としては去年に比べると盛り上がりに欠けた気がします。テレビ中継とかの関係もあったでしょうし、対戦の好カードがちょっと少なかったような気がします。支店が二人しか入らなかったのもありますし、こじはるの記録が止まってしまったのもあったでしょう。要は少しばかりドラマ性に欠けて、淡々と進んでしまったような気がします。ライブも最初だけでしたしね。

 さて、まずはじゃんけん選抜メンバーからですが、ぱるるのセンターはちょっぴり不安でした。会場内の雰囲気も少しばかりそんな空気があるのか、去年の麻里子様に比べると歓声が少なかった気がします。結果的に何とも混在した選抜になって29thがどんな曲になるのか全く判りませんが、とにかく頑張って欲しいと思います。

 そして今回、発表になった28th。個人的な感想なので、そこは人それぞれで流してください。
 今までの曲調とは全く違うのでファーストインパクトはすごかったですが、ヲタ的に全く入ってこない。まるでエグザイルかあゆのようなエイベックス系で、最初、小室哲哉が作ったのかと思いました。あと、歌詞が「ウザい」をテーマにしたらしいので、もっと強烈にしてくれても良かったですね。迷惑千万なピンチケやキモヲタ達を直撃するような過激なもので全然オッケー。まぁ、そんな連中もファンの一人なんで、そこまで出来なかったのは判りますけど。
 今回は優子と珠理奈のWセンター。まぁ、色々と意見が飛び交うのは相変わらずですが、個人的には妥当で満足しています。少し引っかかるのが指原ですが、今回じゃんけんに出られなかった立場だったことで相殺すればいいでしょう。中堅どころの佐江ちゃん、きたりえ、ともーみ、梅ちゃん、あきちゃが外れた事によって、選挙順位がどうの、経験がどうの、世代交代がどうのと地下板は案の定、大荒れですが、決まってしまったものはどうにもなりません。私としてはみるきー、ぱるる、宮脇が入っても納得しています。だって、選挙順位がどうのこうの言ったら、まず珠理奈のセンターからしてありえない。経験がどうのこうの言ったら、新人は一切選抜に入れない。そうなれば、いつまで経っても固定メンバーだけで、世代交代なんてありえない訳ですから。ただ、今回の選抜でメンバー的にはほぼ完成してしまったように思われます。ここを切り崩す新たなメンバーが現れるか。それが今後の真の課題だと思います。

 次はSKEのリクアワですが、とにかく「枯れ葉」の三連覇は勘弁して欲しいです。シングル選抜メンバーがどうとか文句言う人は、こういう所を何とか変えていきましょう。SKEの代表曲が玲奈のソロってのも、SKEファンの本意ではないでしょうし。さもなくば、そろそろ珠理奈のソロ曲を作って欲しいですよね。何だかんだ言って、玲奈に勝てるのは、今の所、珠理奈だけですから。
 SKEも正規枠が埋まり、今回じゃんけん選抜入りした木本、上野辺りが自力を伸ばしてくれると、また色々と面白くなってくるのですが、どうでしょうか? 



松井珠理奈は未来を作れるか? [AKB]

 この所、色々なことがありすぎて何とも話題に事欠かない日が続きますが、今日はそんなAKBの中で私がずっと気になっていた、SKEのエース・松井珠理奈について書きます。もちろん勝手な個人の意見ですから、そこはいつものことだとご了承ください。

 次のシングルの発売日が決まり、当然、水面下ではメンバーが決まったことでしょう。ネットで噂になっていますが、今回も珠理奈、玲奈は入っていると言うことを前提で。長い間、ファンの間ではシングルをどうしてAKBのメンバーだけにしないのか、私も以前述べましたが、議論されてきました。兼任制度が始まり、パチンコAKBも珠理奈は年齢制限で外したにもかかわらず、玲奈を参加させています。総選挙、じゃんけんはともかく、レーベルも違うのに、何に置いても地方グループを切り離し、独立させないのはなぜなのか?
 理由としては、何が何でもとにかく珠理奈を使いたいからに他なりません。本来なら、結成当初、SKEもAKBと同じ規模を目論んでいたに違いありません。AKBはあっちゃん、SKEは珠理奈を中心にして、二つのグループを同じようにと。しかし、現実はAKBだけがブレイク、SKEは今になってやっとAKBの半分を超えました。だからこそ、余計に切り離すのが難しくなってしまった。
 しかし、極端な話し、私はこの珠理奈に対するこだわりこそが、地方グループ成長の最大の妨げになってると思います。もちろん、珠理奈が悪いわけではありません。しかし、強引なやり方は当然歪みが生じます。珠理奈を使うなら、やはり玲奈も、そうすれば他の地方グループからさや姉、みるきーを、更に指原、宮脇をとなって、だんだんAKBのメンバー枠が小さくなっていきます。神7は固定ですから、それ以外の枠は三つしかありません。グループ総勢236人もいて、選抜枠が三つしかないとなれば、あまりに厳しすぎる現実です。選抜枠はメディアのステージ上、16人から増加は出来ませんし。
 色々と反論はあるでしょうが、それでも珠理奈が他の追随を許さず、無理してでもAKB選抜枠に欲しいくらいの逸材ならば、それこそ単独でSKEを全国区に出来るはずです。それが出来ないと言うことは、そこまでの力がないと言わざるを得ません。いつも玲奈が「私達はAKBさんの流れに乗って、ここまで来た」とコメントしています。これだけCDセールスをしていながら、何でそんな消極的なことを言うのか判りませんでした。ファンの人達のコメントも強気なものばかり。しかし、運営の現実はそうじゃないのかもしれません。

 ただ、今の神7を要するAKBは乗っかるグループが存在していませんでした。それでもここまで出来る事を証明して見せたのです。今、新組閣によって、優子もたかみなも後継者作りを命じられています。優子は珠理奈を、たかみなは横山が最有力視されていますが、W松井だって、今からSKEに後継者を作らなくてはなりません。
 もちろん、運営も珠理奈にこだわるばかりじゃなく、第二の珠理奈を見つけなくてはならない。もし私の想像を超えて彼女を48Gの頂点に立たせようとしているなら、選挙でまゆゆに勝たなくてはなりません。また同じ選抜理論で行くなら、NMB、HKTも兼任させなくてはなりません。さすがにそれは無理でしょう。だったら、そんな収拾のつかなくなる前に、独立させたSKEの未来を珠理奈に預けた方が彼女にとっても有り難いんじゃないでしょうか。他のメンバーも乗っかるグループを失えば、自らの存続のために必死になるしかありません。

 今の運営のやり方を見ていると、珠理奈を認めているんだかそうでないんだかさっぱり判らないんで、他のメンバー達が振り回されてるだけに見えて、可哀想でなりません。私も珠理奈を認めてるからこそこういう考えを持ってるのですが、この先、専用劇場、新公演でどのようなSKEの未来を見せてくれるのか、今はそれを期待したいと思います。
 



またファイナルファンタジーXⅢですか? [ゲーム]

 久しぶりにゲームの話。
 実は大好きなキングダムハーツシリーズのファン投票CDが発売になるから、そろそろ新作発表があるのではないかと期待していました。ちょうどシリーズ10周年ですし、ゲームショウもあることですし。ところが、新情報はまたもやファイナルファンタジーで、しかもまたXⅢの続編…?
 以前、ここで勝手にわめきましたけど、…もうね、FFシリーズはオンラインだけでいいんですよ。そんなことより、ヴェルサスXⅢはどうしたんですか?! 発表から六年経ってディザーサイトどころか、まだデモムービーの端くれみたいなのしか発表になってないじゃない? 出来ないなら、昔のおかしなゲーム会社(NECインターチャネルとも言うが)のように開発中止にしちゃいなさいよ!
 キングダムハーツ最新作「3D」のアルティマニアに開発が進んでいて、そんなに待たせることなくシリーズ最新作を発表できると書いてあったから、今年中に情報くらいはくれるのか?! と、楽しみに待ちながら、半年が経ったけど、一向にその気配がない。よっぽどFFXⅢが売れないのか、他の開発が進んでいないのかどっちかだと思いますけど、多分後者なんでしょうなぁ…。
 10年経って、本編がまだ三作目に入らないシリーズもどうかと思うけど、もう少しペースを上げて頑張って欲しいと思います。



アルバム劇場版・写メ会 [感想]

 豪雨の中、劇場版の握手会に参加してきました。まだビッグサイトだったので、近く感じたのは救い。乃木坂の幕張に行った遠方の方はお疲れさまでした。参加は第四部だったので、開始が三時半。それでもやっぱり人でいっぱい。ただ、コミケでビッグサイトを経験していたのでそれに比べれば少なく感じたのは会場の勝利でしょう。今回は写メが撮れるというのですが、正直なところ、付き添いの私としてはあまり興味がなく、むしろメンバーとの握手が重要。そのせいか、感想が個人的ですので、そこはよろしくお願いします。
 元々、来る人の少ないメンバーを狙ってるので(基本的に並ぶのが嫌い)、今回はそれが幸いして、写メ率100%。それでも並んでる列を見ると、親子連れや小さい子も多いので、どっちかと言えばそういう子達を100%にしてやればと思うのですが、とりあえず、私も携帯のカメラにとってもらいました。良い思い出になるので、それはそれで嬉しい限りです。ただし、肝心の会話が全く出来ない。挨拶して、並んで、写メして、また挨拶して終わり。しかも、ポージングとかの間に考えていた会話の内容が飛んでしまって、あとで首を捻るばかり。しかも、写メ会は時間がかかるので、複数出しをしないと、同じ時間帯に絶対に回り切れません。どんな過疎メンバーでも二人、多くて三人が限度。これに困った人も多かったのではないでしょうか。
 思った以上に楽しいイベントだったのですが、色んな人達を相手にしなければいけないメンバーの負担を考えると喜んでばかりいられないですね。普段の握手会よりもずっと長く感じたでしょうし、気遣いもいつも以上でしょう。ファンにとっては有り難いけど、外れた人や待ち時間が長くなるのはどうにもいただけないので、次回はもう少しやり方を変えても良いんじゃないでしょうか。劇場版の抽選と共に写メ会の抽選もやって人数を制限したり、写メだけの時間帯を設定するとかですね。
 



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。