So-net無料ブログ作成

本質を見失わないで [スポーツ]

 今日はちょっとプロ野球の話。キャンプ中継を見た中での感想。
 今年のジャイアンツは大型補強を成功させ、本来ならば、まず優勝間違いなしの手厚い選手層。正直、負ける要素が見あたらない。そんな中、今年の新外国人は大丈夫との、景気のいい見出しがあちこちでにぎわっています。
 確かに今年のボウカー選手は打撃成績がいい。マシソン投手もそれほど悪くない。ホールトン投手は実績十分。今年こそはと言う期待が高まるのも判ります。
 しかし、実践でどれだけ通用するかを判断する基準は今ではありません。公式試合でどれだけ結果を残すかです。各チームだって同じように努力してるわけですから、真価が問われるのはこれからです。
 特にボウカー選手に期待が集まるのは判ります。毎年、外国人野手は本当にハズレばかりでしたからね。今までの打撃を見る限りは、私の意見に反発するのもやむを得ないでしょう。
 だけど、打撃成績だけでいいのなら、別にラミちゃんでもよかったはず。それでもボウカー選手の方がいいという肝心な要素は「守れるか、走れるか、投げられるか」です。
 いくら打撃がよくても、守備に不安があったら意味がありません。足が遅かったり、スローイングも大したことがなかったら、ワンヒットで楽々セカンドから生還されてしまいます。守備範囲も狭かったら、投手の負担は結局、ラミレスの時と同じ。しかも、このままセンターに太田選手が定着したら、外野守備の危険値は更に高くなります。去年末に外野に転向したばかりの太田選手は内野がダメだったから外野になったと言う、亀井選手と逆パターン。お世辞にも上手いとは言えません。下手とは言いませんが、普通でしょう。

 去年もさんざん書きましたが、打撃優先の起用では勝てないんです。そんなに甘くないのは、誰よりも判っているはずなのに、今年もまた同じ事を繰り返す気がしてならない。
 お願いですから、打撃の好不調だけでオーダーを組まないでください。
 



最善策は昇格か再組閣か [AKB]

 騒動と新曲発売。そして、明日は握手会。休む暇もないAKBに振り回されるユーザー達の最大の関心事が、空いた枠の穴埋め。さんざんに議論されてきた話題ではありますが、いい機会なので個人的な意見を述べます。

 さいたまアリーナコンサートのサプライズは正規昇格じゃないかとの意見が有力視されていますが、私はそれはないと思っています。おそらく次回シングルとそれに伴う総選挙開催の有無が発表されるだけかと。
 なぜなら、チーム4まで合わせても現在の空き枠は7つ。しかし、10、11期研究生は8人。ここで名前を呼ばれなかった一人は解雇通告に等しい。かといって、運営がその一人を誰にするかと言う決断はおそらく下せないでしょう。となると、三月末にセレクションを一回開催し、その中で残った研究生を昇格させていくのではないかと思われるので、さいたまには間に合わないと言う推測です。
 しかし、選抜組と比べて残りのメンバーのモチベーションは米平騒動でかなり下がったと思います。特に劇場中心のなっちゃんが抜けた穴はあまりに大きい。キャプテンのゆきりんがあまり公演に出られないことを考えれば、まとめていくのはゆったんかなっちですが、彼女達は最初からBにいた訳ではありませんから、思い通りにはなかなかいかないんじゃないでしょうか。
 そうなると、これを打開するために色々な事態を考慮して再組閣という意見がファンから巻き起こるわけですが、確かに新しい組織を目指すのであれば、動かねばならないときかもしれません。

 私もちょっと目線を変えて考えたのですが、いっその事、旧チームに戻してみてはどうかと思ったのです。
 SDNの解散に伴い、旧チームに戻せば、シンディやゆかりん、ノンティーなどは指導もしやすいでしょうし、メンバーの気持ちも切り替わりやすい。何より旧チームならば、過去の公演も行うことが出来ます。運営としても、新しいセットリストを作る必要がないので、経費も抑えられるし、劇場のマンネリ化も防げる。新規もさることながら、古参ファンも過去に支持していた公演が再び見られて満足できる。更に未だCD化していないセットリストも新メンバーでレコーディングすれば、出るかもしれない。メンバーの気持ちの切り替えもさることながら、7期以降の加入組も昔の公演を覚えられるし、振り入れの時間も一からやる新公演に比べれば、大幅に短縮できます。
 チーム4の新公演はひまわり2ndもあるわけですし。

 と思って、並べてみたのが以下の一覧表。ちなみに7期以降の新チーム以降の昇格組はそのまま残しました。

 新チームA    新チームK     新チームB

 板野友美     秋元才加      石田晴香
 岩佐美咲     内田真由美     多田愛佳
 大家志津香    梅田彩佳      柏木由紀
 北原里英     大島優子      片山陽加
 小嶋陽菜     河西智美      小森美果
 佐藤亜美菜    菊地あやか    佐藤すみれ
 篠田麻里子    倉持明日香    指原莉乃
 高城亜樹     小林香菜      鈴木紫帆里
 高橋みなみ    佐藤夏希      鈴木まりや
 中田ちさと     近野莉菜      田名部生来
 藤江れいな    野中美郷      仲川遥香
 前田敦子     増田有華      中塚智実
 前田亜美     松井咲子      仲谷明香
 峰岸みなみ    松原夏海      仁藤萌乃
 宮崎美穂     宮澤佐江      渡辺麻友
            横山由依  

 これだとやっぱりAが強すぎて、Bが弱いですかねぇ。もう一つは選抜組が多いA公演がとにかく成立しにくいこと。それは今の状況とあまり変わらないから気にしないのであればいいけど、それでも亜美菜やみゃおとかはAに戻ってよかったと思うでしょうか?
 改めてみると、前回の組閣って、結構バランスよく移動させてたんですね。
 まさか指原がここまでブレイクするとは予想できなかったし、7期から選抜常連が生まれなかったのも誤算ですか。結局、選抜常連だったえれぴょんが抜け、スキャンダルで一時期キャプテン不在と、一番苦しかったはずのKが今一番バランスがよくて、いいチームになったのが何とも皮肉なもんです。



選抜と握手会の是非 [AKB]

 二月に入ってからも何かと話題が絶えませんが、劇場公演にあのメンバーでも抽選に当たらない友人の嘆きをスルーしつつ、選抜組の新曲PVの情報が入ってきました。本当に解析班の能力と情報社会のレベルアップに驚くばかり。
 今回は去年のエビカツと同じく大人数のようですが、当然の事ながら議論されるのは本店対支店の問題。選抜メンバーにJR+山本や渡辺、更に今回はHKTの兒玉やJKTのメロディーも参加するかもしれないと言うことで、多くの意見が飛び交っています。
 私も今回、劇場に残ってる人達のことを考えれば、確かにAKBシングルに支店の参加はどうかと思いますが、視点を変えるとSKEはともかく、他のグループにとっては有り難いことだと思います。各チームの代表が本店選抜に入れば、それだけで大きなキャリアになりますし、そもそも中心メンバーを作って推すというのはあっちゃん以来の伝統的な手法なので、ファン心理を考えれば、当然でしょう。
 チーム4がいまだに先輩との絡みが少なくて甘いと言われるから、今回から島崎、入山、山内などを参加させる訳だし、高柳がK2、木本はE、城はM、兒玉はHの代表とすれば、合点もいきます。ただ、中心に据える代表人物は十人十色なために、大勢のアンチが生じる諸刃の剣ではあるんですけどね。特に城と兒玉はまだ実績がないのでやむを得ません。将来性とパフォーマンスと言うところで、今回は採用されたと割り切りましょう。
 確かに選抜されなかったメンバーには、その待遇差に憤りを感じるのも判ります。特に固定化している現状ではなおさらでしょう。しかし、留守番メンバーには劇場公演を守ってもらわくてはなりません。劇場も維持費などが毎日かかってますから、出来れば公演に穴を開けたくない。そのために彼女達も必要であり、干されだからといって、簡単に卒業させられないわけです。
 だから選抜固定化といって彼女達の大量卒業がよく言われますが、選抜組がいなくなったら、今回の劇場公演メンバーがAKBを名乗るわけです。それで現状維持できるかを考えてみてください。
 予定調和を変えるというのは、そんなすぐに出来ることではないのです。

 さて、SKEの単独成立の意見ですが、今まで何度も書きましたが、結論から言うとまだ早い気がします。本店という存在がなければ何の問題もないのですが、独立すれば、当然比較されてしまいます。よくSKEだけで選挙をすればいいと言いますが、分母の小ささからW松井の二強とちゅりとの差、それ以下は単なる大量買いの組織票勝負となって、結局、新たな争いを生むだけ。それに比較されれば、千歩譲ってW松井があつゆうだとしても、ちゅりとゆきりんじゃ、今の所、勝負になりません。
 むろん、本店個別握手会に支店メンバー全員が駆り出されて売り上げに貢献しているとありますが、それは間違いだとは言いません。自分たちの個別、全国に加え、本店にも参加しているわけですから、握手会のスケジュールがタイトになって、それがどうなのかと言う議論も正しいと思います。しかし、SKEに関して言えば、専用劇場を持たないために公演数が主導で増やせない以上、握手会を増やすしかありません。政治家の街頭挨拶と共に多くの人達にアピールする、もっとも地道かつ効率的なイベントと言えます。CDの売り上げに握手会の開催費が含まれてはいると思いますが、入場料はタダ、しかも購入者なら全員参加。抽選の劇場公演と比べれば、一目瞭然。ましてや、NMBやHKTは喜んで参加するべきでしょう。ファン層や認知を拡大する最大のチャンスと言っても過言じゃありません。だからこそ、握手会は殺人か爆弾テロでも起こらない限り、なくなることはないでしょう。
 ただ規模が大きくなれば、それに比例して、多くの問題点や痛い勘違い野郎が増えるのも常。握手会に限らず、どんなことでもこればかりはどうにもならないので、断固としたルールの構築が早急に必要だと思います。 
 



SKEの弱点? [ske48]

 新曲「片想い~」が初動50万超えを果たし、まずは一安心のSKE。今年はいよいよ本店と肩を並べるかもしれないと、大きな期待を抱かせてくれますが、それでも全国認知になかなか至らないイメージが払拭できないのはなぜなんでしょうか? 今年も総選挙の議論が起き始める中、大きな躍進を遂げるであろうメンバーの名が上がらないのはどうしてなんでしょうか?

 先日、ぐぐだすの磯原の話が取り上げられました。内容はごもっとも、ちゅりを始めとするメンバーのコメントも、至極正論だと思います。ところが、そこに付け加えられていたファンのコメントは意外と冷ややかなものも多かった。実を言うと、私もいい話だとは思うのですが、そこまで感動しなかったんですよね。
 実は前々からもやもやしていたのは、SKEが完全実力主義+絶対加入期序列の軍隊式なのが疑問だったのです。もちろん、先輩後輩の意識は必要ですが、AKBの基本コンセプトって、「成長する過程のアイドル」なんですよね。つまり、ファンは「下手でも一生懸命、頑張る姿」を見たい。そこから「上手くなっていく成長を見たい」。だから、完成された圧倒的パフォーマンスを求めているかと言うと、そうではない。むろん、スキルがすごいに越したことはないんですが、その方式だと、魅力的な新人もダンスが下手なだけで日の目を見ることなく淘汰され、もはや珠理奈や玲奈を超える存在なんて、未来永劫、現れない。後発のチームEの存在が危ぶまれているのも、その格差の影響がもっとも大きいと思います。
 もう一つの疑問はSKEはダンスがすごいと言いますが、では、歌が上手いメンバーは誰でしょうか?
 本店はたかみな、ゆったん、はーちゃん、わさみん、なっちなどがいますが、SKEは?
 おそらく、実絵子姉さんとあいりんくらいしか、なかなか挙げられないのでは。
 そう考えると、ダンスに異様なまでにこだわることに、何の意味があるのでしょうか? これは対戦格闘ゲームとかシリーズもののアクションゲームを思い浮かべると、判りやすいですかね。レベルの高い者同士が戦う分には問題ありませんが、新規ユーザーはあまりのレベルの高さに敬遠しますよね。やっても、コテンパンにされるだけだし、そのレベルに達するまでには尋常じゃない投資が必要になります。新規に優しくないゲームはユーザーを選び、世界は圧倒的に狭くなったあげく、自己満足に陥りやすい。
 確かに劇場公演は基本でしょうが、もっと視野を広げ、幅広い分野で活躍できる環境と、魅力ある新人を育成するシステムを組織的に整備しなければ、いつまで経っても、W松井におんぶにだっこで終焉を迎える羽目になるんではないでしょうか。
 それと個人的な不満を最後に。
 本店と比べて、メディア露出が少ないはずなのに、DVD関連の発売がとにかく遅い。
 ゆうつべとかの動画をすぐに削除するくせに、肝心の媒体を出さないのは、どういう理由なんでしょうか?
 せっかく、SKEのメンバーを知りたいのに、これじゃチャンスを自ら棒に振ってるようなものです。
 去年のリクアワ50なんて、ホント、いつ出るのやら…。
 



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。