So-net無料ブログ作成

新体制の注目点 [AKB]

 総選挙が終わって、次のドームツアーに向かって各グループともに動き出しました。正直、総選挙は盛り上がり、過去最高の投票数を見れば、まだまだこれからと見て取るしかありません。SKEは新チームの公演をファン投票で、NMBはシングルの売り上げを更新、HKTは三期生募集を開始。本店も15期生や兼任メンバーの参加でまだまだ興味が尽きませんが、実際に新公演が始まらない中、これからどうやってやりくりしていくのか。今日はそこに触れたいと思います。

 まず新公演の可能性。始まることに期待してるのは私も同じですが、現実を見る限り、可能性はゼロです。今年も半年経って始まらないのを見れば、あと半年なんて、あっという間。理由は以前にも述べたとおり、他にやることが多すぎるから。今はユニットを切り捨てる事で何とかしのいでいますが、それでもシングルリリースがやっとでしょう。チーム公演よりも、個人にスポットを当てた方がイメージしやすいのも事実で、それ故にソロ曲の方が優先されている現状ですし。
 あとはもう、公演そのものが思い浮かばないんでしょうね。もちろん、断片的にネタはあるでしょうが、一つの作品としてまとまらないから、結局出来上がらない。制作する側の事情としてはそんなものでしょう。

 出来ないものを夢見るよりは現実を見て楽しむ方がよっぽど建設的なので、今後の展開について。
 まず本店はそろそろウェイティング公演の演目を少しばかり変えて欲しいですね。さすがにこの時期に「あなたとクリスマスイヴ」をやるK公演には毎度ずっこけてしまうので、夏の間だけでも「ヒグラノコイ」あたりをやってほしい。卒業と兼任、昇格で新たなメンバーが入る以上、それに合わせて少しずつ成長させていくと、公演にも幅が出るし、飽きない。Kだけでなく、コンサートやライブでのセットリストもマンネリ化してきているので、そこは工夫の欲しいところです。
 SKEは心配ないですね。既存公演はガッカリでしたが、組閣後一発目なので、どれが来ても新鮮な目で見られるのは間違いありません。特に注目は、Eの「夢を死なせるわけには行かない」。既存のチームでやった事がないセットリストなので、ほぼオリジナル公演に近く、決まれば来年のTDCでの出演も確実なので、私はこれが選ばれて欲しいと願っています。Sは珠理奈の事を考えると、RESETが一番無難。ウッホウッホホは中西がやれるでしょう(笑)。K2は大人のメンバーが多いので、目撃者が合ってる気がします。パイオニアはちゅりが何とかすると言ってたので、心配はないでしょう。

 NMBは東日本ツアーが終わった後に注目ですね。シングルの勢いからすれば、よっぽど方向性を間違わない限り、大丈夫です。ただ、メンバーの定員が一杯なので、そっち方面でのサプライズは一切期待できないのが痛い。公演やステージでのパフォーマンスで常に勝負を挑み続ける必要があるので、持久戦に耐えられるかが鍵。一年後のリクアワ時に兵糧切れで力尽きないことを祈るばかりです。

 そして、私の一番の注目はHKT。あまり議論が活発でないのは、まだそれだけ注目されていないせいでしょうけど、三期生の募集はいよいよ二チーム目が結成され、劇場公演が次の段階に進むことを意味しています。次のシングル選抜メンバーもなかなか予想がまとまらず、それだけの人材があるのかないのかはおいといて、新チームK3が果たしてどの公演をやるのか。特に三期生の実力があれば、博多伝統の「手つな」公演が有力とすると、K3はSKEを引き継いで「制服の芽」か「ラムネ」かもしれません。またメンバー構成が田島、朝長を中心としてどういう構成になるかも注目。今の段階でファンが正規チームに入れない7人の予想が難解でなかなか導き出せない中、運営はどんな判断を下すのか。これが指原の総選挙一位、新番組開始、セカンドシングル発売と勢いに乗るHKTの重要なターニングポイントになるかもしれません。

 ドームコンサートでどのような発表があるか判りませんが、篠田、秋元、板野の有力メンバーが次々と卒業するため、世代交代や後継者問題は避けて通れなくなりました。指原の一位でファンが新しい体制に踏み出させた流れをどういった方向で進めていくのか、これからも見守りたいと思います。


2013-06-20 21:55  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。