So-net無料ブログ作成

チームB2・TDCデビュー [NMB]

 先日、チームB2のことをあれこれ書いたので、その意味も込めまして今日はその続きを。
 実は追加販売申し込んだら当たったので、夜公演を見に行きました。席は期待してなかったのですが、まぁ、それなりによく見えたのでこんなものかと。周りも追加販売の人達ばかりだったので、メンバーがちょっと落ち込んでいましたが、まともにモバなどの先行で当てた人達がアリーナ席だったと言うことが判明し、そこは一安心。これで追加の方がいい席だったら、発狂するでしょうからね。
 さて、ステージに関してはあくまで個人的な意見です。私はある意味、DDでなるべくフラットな目線で見たつもりですので、そこはよしなに。B2推しの人はあくまで参考程度にこれからも全力で応援して上げてください。

 まずセットリストが「会いたかった」というのはある意味、マイナス。メンバー達が悪い訳じゃなく、まぁ、あまりNMB向きではないセットリストかもしれません。ただ低年齢のメンバーのために短い公演時間にしなければならない大人の事情があったのでしょう。そこはHKTと同じで、巡り合わせや次の公演に期待すると言うことで。
 ただ、さすがにパフォーマンスは圧巻。本当に相当の練習を積んだんでしょうね。そこは研究生とは格の違う正規チーム。パフォーマンスの完成度は高く、チームとしてもはや完成していると言っていいでしょう。NMBメドレーも申し分なく、トーク力もMCもすごい。終始、退屈しなかった構成は見事でした。観客の方も遠征の地元ファン達が率先して盛り上げ、メンバーもやりやすかったと思います。ビラ配りや宣伝などで頑張った甲斐もあって無事に完売し、とりあえずほっとしたことでしょう。

 まぁ、ここからが私のあえての意見なんですが、初めてのTDC、初めてのチームB2だけの大舞台、平均年齢も一番若く、経験値も低い。これだけの要素を抱える中で酷かもしれませんが、そこはもう研究生ではない正規チームなんだからと言う前提で。つまり、NMBの看板を背負い、他の姉妹グループと台頭に渡り合えるようなステージにしなければならないはずなのに、今日のステージで彼女達を一推しにしようと評価した人はほとんどいなかったと思います。それは勿論、前述した理由もあるでしょうが、彼女達に一番足りないのは地道な一歩一歩の積み重ねに対する気持ち。これはなかなか経験しないとわかりにくいでしょうが、私から見たら、今日のステージは劇場公演の延長戦に過ぎなかった。
 一番の不満は、やはりメンバーの視野が狭いこと。これはステージを成功させようと緊張してたのもあるし、必死にやって余裕がなかったのも判るんですが、関東のTDCはNMBにとって、本当の一発勝負。今日来たお客さんは次に来てくれるとは限らない。メンバーも、もしかしたら明日には誰かが卒業発表して、同じステージは二度と出来ないかもしれない。西日本もリクアワも武道館もやってきたので、大きなステージでの視界はすでに判ってるのかと見ていましたが、二、三人以外はそうではなかった。
 厳しい言い方をするようですが、追加販売で見に来た人達は「最初は見に行くつもりはなかった」のだ。なのに、最後のMCで例の満員御礼しなかった事に触れましたが、「チケットが完売した」事実には感謝したけれど、「見に来てくれたお客さん一人一人に対する」感謝の気持ちはあまり見えなかった。簡単に言うと、常連さんも一見さんも同じはずなのに、その配慮が感じられなかったのだ。とにかく「自分たちをまず見て欲しい、見れば必ず虜にしてみせる」と言う、ちょっと傲慢な気持ちが一方通行的にあったように思えて、私の周りはなかなか入り込めない人が多かった。
 AKBグループだけでなく、ライブの良さは会場との一体感。どんな理由があれ、ステージに立つ者は、まず見に来てくれたお客さんを「一人一人」受け入れなければならない。それが常連だろうと、新規だろうと。もちろん、パフォーマンスも大事だし、成功させたい気持ちは判るけれど、一番肝心なのはそこじゃない。西武ドームの初日ほどじゃなかったけれど、半分くらいは初めてB2を見に来たはずなのに、そんな初心者向けじゃなかったことはちょっと残念だった。

 発足したばかりのB2にここまで厳しいことを言うと、推しの人には怒られるでしょう。でも、魅力的なメンバーがたくさんいることは私にも判りましたし、周りが言うほど、他のチームと比べて見劣りすることはありません。ただ、いつもこういう後発メンバーに対して思うことは、「何を目標に頑張っているか」が見えてこない。せっかく一生懸命努力して、厳しい練習も乗り越えてスポットライトを浴びてるはずなのに、目の前のステージに機械的に振り回されてるだけでは、ファンも応援しがいがないじゃないですか。
 メンバーは去り際に「てっぺんとったるで!」と宣言していましたが、その言葉の意味を真摯に受け止めているのかは判りませんでした。B2が「てっぺんをとる」ためには、まず山本彩率いるチームNを倒さねばならないのですから。それを指摘されて後込みしているようでは、選抜メンバーを排出することすら夢物語で終わってしまう。本当はそういう気概も見せて欲しかったんですが、まぁ、今日の所は満席になって良かったと言うことで、今後の楽しみに取っておきます。今まではあまり注目してこなかったけど、これからも頑張って欲しいですね。


2013-05-06 23:39  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。